ジャパネットたかたで洗濯機の売れ筋は?ドラム式もいいですよ。

ジャパネットたかたで洗濯機の選び方の予備知識です。カビ予防に加えて、最近では洗濯槽自体に抗菌機能が付いた機種も多くなりました。高級機だけでなく低価格機でも抗菌機能が取り入れられている製品も珍しくありません。抗菌機能を最も前面に打ち出しているのが、シャープの銀イオンコートです。すすぎ時や脱水時に高濃度銀イオンのシャワーで衣類をコーティングするものです。靴下のしつこい雑菌や嫌なニオイ菌の増殖を抑制することができるとてもありがたいものです。


しかも、次の洗濯まで、つまり銀イオンが水で流れ落とされるまで効果は持続するということです。菌の増殖を抑える効果が期待できますから、小さな子どもがいる家庭などでは重宝する機能ではないでしょうか。洗濯機の選び方について、横扉(フロントオープン)タイプでは、洗濯機前面に扉があってドラム式の代表的なタイプとなっています。乾燥機単体もこのタイプです。特徴としましては、洗濯槽の奥まで見やすくなっています。


洗濯機前面に扉の開閉スペースが必要となります。本体幅が上扉タイプに比べて大きくなっています。また、洗濯中は、扉を開けることができません。洗濯機の選び方では、開閉位置も考慮する必要があります。衣類を出し入れする開閉位置は、上部にあるタイプ、正面にあるタイプ、そしてななめ上向きのタイプがあります。上部にあるタイプは、省スペース性に優れており、洗濯中の衣類追加が可能となっています。


しかし、その反面、洗濯機上部のスペースが有効に使えないとか、一番下に入った衣類が取り出しにくいという欠点も持ち合わせています。洗濯機の蓋が正面にあるタイプはドラム式洗濯機でよく見られますが、今ではだんだんとななめ上向きのタイプに取って代わられています。開閉位置が斜め上に向くことにより、あまり腰をかがめることなく無理のない姿勢で簡単に出し入れができるように工夫が施されています。ジャパネットたかたで洗濯機を買うときはいろんな角度から考えるのもいいですね。